【投資ぶっく】インベストメントバンクの業務内容(日本・外資系一覧)

投資ぶっく

投資ぶっく  >>  金融機関・銀行  >>  インベストメントバンクの業務内容

◆インベストメントバンクの基礎知識

◆インベストメントバンクとは?

 インベストメントバンクとは、主に金融市場に関わる業務を中心とした業務を行う金融機関のことじゃ。

 インベストメントは投資、バンクは銀行であることから日本では投資銀行と呼ばれる事が一般的じゃ。

 銀行と言えば一般的には、普通貯金や定期貯金などの預金や住宅ローンや教育ローンなどの融資業務がまず思い浮かぶ事じゃろう。

 インベストメントバンクは、このような全国にある銀行とは性質が異なり、有価証券や債券に関わる投資業務を専門的に行う投資専門の銀行であるという事じゃな。

【インベストメントバンクの用語解説】
用語インベストメントバンク
読み方いんべすとめんとばんく
英語investment bank
類語・別称投資銀行(※通称として)
カテゴリ分類金融機関・銀行
投資分類投資銀行
関連語句M&A・コンサルティング・投資ファンド

◆インベストメントバンクの主な業務内容

 インベストメントバンクの主な業務は基本的に銀行であることからも、やはり金融業務が主体業務であることには変わりありません。

 具体的な業務内容としては、有価証券の発行者から発行した有価証券を取得するアンダーライティング(※引受業務のこと)と、アンダーライティングした有価証券や投資家向けに設立した投資ファンドを一般の投資家や投資会社等に販売するセリング(募集業務)が主な業務となります。

インベストメントバンクの業務内容【画像】

 また、企業の合併や買収を行うM&Aやプロジェクトファイナンスの仲介業務、株式上場のコンサルティング業務など近年では業務の幅も広がりホールセールの証券会社に近い形態へ多様化しつつあります。

◆高額な年収水準(報酬水準)

 インベストメントバンクは外資系同様に実力主義ですが、年収水準(報酬水準)はかなり高額です。

 景気の低迷が続いた日本では就職難が続きましたが、外資系インベストメントバンク同様に日本の投資銀行も一般相場から比較すると報酬水準は高額なラインを維持しております。

 尚、日本の主なインベストメントバンクは以下の通りです。

【日本の主なインベストメントバンク一覧】
投資銀行名設立年月日
野村證券2001年(平成13年)5月7日
SMBC日興証券2009年(平成21年)6月15日
大和証券1999年(平成11年)4月26日
みずほコーポレート銀行2002年(平成14年)4月1日)
新みずほ証券2009年(平成21年)5月7日
三菱UFJモルガン・スタンレー証券2009年(平成21年)12月1日

◆アメリカ・スイス・ドイツの投資銀行

 インベストメントバンクという言葉は法律用語です。

 この法律用語を作成したのはアメリカ政府であり、日本の銀行法などの金融関連法規においても米国で規定されたインベストメントバンクが由来となっていることから「投資銀行」という名称を法規の文言に記載する事は認められておりません。

 その為、日本で広く使われている投資銀行という言葉は広い通称として認識しておく必要があります。

 尚、インベストメントバンクは前述した通り米国が発祥であることからも日本国内で広く知られている外資系インベストメントバンクも、その多くはアメリカの投資銀行が大半です。

 また、安定通貨であり外貨準備として用いられているスイスフランを擁するスイスのユービーエス・エイ・ジー(UBS AG)や、日本でも古くから投資銀行やプライベートバンクとしても広く知られるクレディ・スイス銀行などが外資系インベストメントバンクとしては有名です。

【外資系インベストメントバンク一覧】
投資銀行名設立年月日
ゴールドマン・サックス証券(アメリカ)1974年1月
メリルリンチ日本証券(アメリカ)1998年2月26日
シティグループ(アメリカ)1812年
ユービーエス(スイス)1978年2月28日
クレディ・スイス(スイス)1856年7月5日
ドイツ銀行(ドイツ)1870年3月10日